×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

お題配布サイト /コ・コ・コ/






ダークに10のお題

01邂逅
02殴殺
03癇癪持ち
04反応過敏
05擬似親友
06惨事の現場
07罪の奥底
08影法師
09久遠の楔
10曖昧な言葉


×補足×
使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




それが日常10のお題

01煉瓦の館
02置き引き注意
03赤いポストの貯金箱
04ブレザーとテディーベア
05学生服とジャックナイフ
06黒いワンピース
07氷河と真夏日
08紫外線とノースリーブ
09冬の日差し
10只今、午前零時


×補足×
選択制のお題のセットです。
使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




行き違う二人の10のお題

01繋がる体温
02心を暴いて
03嘘の上塗り
04誤魔化しと痛み
05言葉に託した想い
06望みを語ることはない
07愛し合うという幻
08偽れないほどに弱いから
09強がりは涙の雫
10曇り空なら明日はいい日


×補足×
使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




何処かおかしい10のお題

01薄暗い世界に堕ちて
02底冷えする熱帯夜
03求めた雨雲
04傘と太陽
05氷河と真夏日
06棘には毒がすでにある
07聞き慣れた知らない唄
08手入れなくば枯れるのみ
09斧は木こりの道具じゃない
10欲しくて手に入れたそれは、すでに変質してしまっていた


×補足×
文の一部改変
使いやすいように語尾の変更OKです。
選択制のお題のセットです。
選択制のところに置いてある言葉を若干変えています。
使いやすいよう並び替えて構いません。


[戻る]




君とシリーズ【ほのぼの編】

01君と別れと再会の日
02君と休みと会えない時間
03君と友人と人間関係
04君と青空と涙の笑顔
05君と自覚と恋の行方
06君と痛みと傷のぬくもり
07君と机と木々の香り
08君と自宅と夕食の買い物
09君と海と優しい潮風
10君と明日と昨日の記憶


×補足×
使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




君とシリーズ【日常の一欠片編】

01君と春風とある一日
02君と眼鏡と熱い視線
03君と足跡と白詰草
04君と浅瀬と冷たい水温
05君と暴言とその場の勢い
06君と紫陽花と雲間の虹
07君と瞳と灰色世界
08君と透明と遠い空
09君と悪戯と元気な笑顔
10君と青と白のまぶしい空間


×補足×
使いやすいよう並び替えて構いません。


[戻る]




君に対する僕の10の気持ち【恋愛編】

01実のところ言葉を交わしたことがない
02まだ、手は触れられない
03痛みを覚えたのは恋と知ったから
04君の気持ちをを掌握しよう
05時々の弱さを君が容認できなくても
06君に対して無意味にはなりたくない
07共有出来ない君の苛立ち
08君の偽善すら僕は愛せるさ
09約束を守るため僕は今ここにいる
10生きて行くと歩いて居ると傷も涙も増えていく


×補足×
文の一部改変
口調語尾変え(必要でしたら一人称・二人称の変えも)OKです。
使いやすいよう並び替えて構いません。


[戻る]




闇と光の10のお題

01凍りつく温度のない日々
02スポットライトは誰のため?
03答えを奈落へ堕としていく
04乱反射の光の氾濫
05月光を背にして、浮かべる微笑みに目を閉じる
06心を暴く光から隠れて
07漆黒に身を浸す
08輝くものは良いものですか?
09暗闇が恋しくてもあたたかな熱はあり続ける
10この光とあの光は違うもの


×補足×
使いやすいよう並び替えて構いません。


[戻る]




光と闇の10のお題

01太陽の下、踊ろう
02心を落ち着かせる瞳の光
03闇が怖いと弱音を吐いた
04消えない輝きを抱いて行こう
05微かな光を求めて歩く
06眩いものは美しい?
07暗闇に絡みつかれて言葉が出ない
08雲がどれほど遮ったところで光源は消えない
09あたたかくて優しくて涙がこぼれた
10この想いを失くさないように


×補足×
使いやすいよう並び替えて構いません。


[戻る]




君に対する僕の10の気持ち【友達以上恋人未満的】

01愛は強いと君は思うの?
02もう君をイジメないから、どうか顔をあげて。
03図太いかもね。嘘吐きな君に対しては。
04彼は君の友人ですか?
05断言出来る。君への気持ち。
06甘いよ。当然、君だけに。
07一目見て君の気持ちなら分かるよ。
08お願いです。今だけ僕を見て下さい。
09この程度で諦めますか?
10僕が泣くのは君のためだ。


×補足×
文の一部改変
口調語尾変え(必要でしたら一人称・二人称の変えも)OKです。
「彼」→「彼女」の変更もOK。
お題名「【友達以上恋人未満的】」を失くしたり、
「友達以上恋人未満的な10のお題」に改名OK。
使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




リボンにまつわる10のお題

01桃色空気をリボンでくるむ
02白のリボンは純真として
03紅に染まり行く細いリボン
04黒い誓いをリボンに乗せて
05赤いリボンが揺れていた
06群青色のリボンをあげる
07黄色のリボンは飛んでいった
08錆びた鉄色、似合わぬリボン
09青いリボンに包まれて
10見えないリボンでも確かにあった


×補足×
文の一部改変
口調語尾変え(必要でしたら一人称・二人称の変えも)OKです。
10の「見えないリボンでも確かにあった」→「見えないリボンでも確かに似合った」に変更化。
使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




君とシリーズ【仄暗い編】

01君と夢と忘れた嘆き
02君と汚辱と恐れの日々
03君と奈落とくすんだ微笑み
04君と嘲笑と悲しい言い訳
05君と帰省と苦痛の生活
06君と涙と遠い雪の日
07君と特別と憎悪の殺意
08君と奇談と消した蝋燭
09君と家族と暗黙の了解
10君と決断と結果の始末


×補足×
文の差し替え
「帰省」→「寄生」に「微笑み」→「微笑」に変更OKです。
使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




君とシリーズ【不可思議編】

01君と幻と夢の城
02君と孵化とあの日の翼
03君と仮装と騒がしい夜
04君と光と曇りの空
05君と神秘と独り言
06君と氷面と表層意識
07君と不思議と秘密の扉
08君と占いと昨日の運命
09君と秘め事と優しい時間
10君と金色と焦がれた世界


×補足×
使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




言葉は留まることはなく10のお題

01演を踊るは、逆転の始まり
02境に沿って、末へ
03れるままに各を巡り
04転することもなく
05紫色のはただ不吉にの経過を告げ
06けられぬ曇りは運命のあらわれで
07精神の害をけて通った道の先
08の醜悪さと甘美さと実用性の有無
09しいのはに侵される前の透明な自分
10止まらない望が々しい意に転じることをけたため、懐かしいせぬままに世えた。


×補足×
色はただ分かり易いようにしただけなので、色指定はありません。
お好きにレイアウトして下さい。
(10を「懐かしい空〜」から分け11のお題に変更可)

文の差し替え
9の「しいのはに侵される前の透明な自分」を
しいのはに侵される前の穢れぬ己」に差し替えOK。

10をけられされされ、何一つしがらずに虚にわった。に差し替えOKです。
または
明日への望はされた末、昨夜の害をけることは叶わず
を刻まぬままにれて、世わりへと至った。
しいとも思わない甘い意と言う名の狂気で
けられぬ痛みをは嘆かず、ただれても世わらない。
満たされぬ求は薬の如き気をけて
崩れたと乱れたを押しし、開幕のために世焉に辿りつく。
こちらは一文での使用でも
が時を〜けられぬ〜崩れた〜からを11として11のお題として頂いて構いません。
その場合はお題名も「言葉は留まることはなく11のお題」に変更してください。


このお題に関しては並び替えは禁止です。まとめてご使用下さい。
例外ルール:文の差し替え候補や10は選択制のお題としての使用OK。
つまりは、単独使用許可。その場合はお題名「言葉は〜」は表記せず選択制と同じように使ってください)


[戻る]




君とシリーズ【普遍な生活編】

01君と祝いと勘違い
02君と朝日と新年の挨拶
03君と寂しさと触れ合う背中
04君と夜空と適当な天体観測
05君と贈り物と俯く眼差し
06君と眠りとあたたかな気配
07君と宴と馴染めない空気
08君とお告げと神頼み
09君と黄昏と夕餉の香り
10君と謝罪と愛の告白


×補足×
文の一部改変
【普遍な生活編】を【生活編】に変更OKです。
【平凡な生活編】など「普遍な」の部分を別の言葉に差し替えて構いません。
使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




ある恋と夏の日に[10のお題]

01明日晴れたら、思い出作り
02瑠璃色に輝く海へ
03小雨に消された花火
04頂きに登るものの心境
05届けたい記念の絵葉書
06涙は黄昏に沈んで
07津波は郷愁を誘う
08野原で触れ合う蝶と蜜蜂
09日めくりカレンダーの破り忘れ
10逃げずに想いを伝えれば


×補足×
縦読みなので並び替えはせずそのままご使用下さい。

お題リンク2007夏の企画に参加お題。


[戻る]




夏の日に触れた君[10のお題]

01生温かい空気は苦手
02冷たい氷に頭が痛い
03ノイローゼ発症中
04響く遠い打撃音と静かに聞こえた声
05匂いが次第に変わって行く
06不慣れな口説き文句で精一杯
07霊験あらたかな効かないお札
08溜め息まじりの告白
09聞き違いかと思った言葉
10見間違いではなかった微笑み


×補足×
縦読みなので並び替えはせずそのままご使用下さい。

お題リンク2007夏の企画に参加お題。


[戻る]




誰かのための10の物語の道筋

01結末は示されていた
02流されない涙は心の底に溜まって
03痛切な願いはだからこそ叶わない
04裏切りではない、ただ愛が暴走しただけ
05予定調和の鏡の内
06守るべき世界のため大切なものを失えるか?
07魔物との戦い、自己への挑戦
08ある黄昏にさらされる真実
09希望と言う名の輝きを切望しても
10夢の終わりは目覚めの始まり


×補足×
文の差し替え
予定調和の鏡の内→予定調和は鏡の中

お題名「誰かのための10の物語の道筋」
→「誰かのための10の道筋」
「誰かのための10の物語」に変更OK。
「誰かのための」→「誰かが定めた」に差し替えOK。

使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




誰かといた夏の日[10のお題]

01騙されてびしょ濡れ
02練習をサボって、アイスを食べた
03構わず服で泳ぎ出す
04隣の体温は生温く不快
05意味もないのに名前を呼ぶ
06立ち話もそろそろ限界
07情けなさが増長する炎天下の坂の上
08呟く言葉を拾われて赤っ恥
09罵りをまともに受けても寒くもならない
10日がな一日喋ったところで足りるだけの人生ではない


×補足×
文の差し替え
02「練習」を「レッスン」に変更OK。語尾口調変えOK。
縦読みなので並び替えはせずそのままご使用下さい。

お題リンク2007夏の企画に参加お題。


[戻る]




幸せと夏の日々[10のお題]

01知らない内に出会っていた
02天の川を背中合わせで見上げて
03忘れたふりした虫除けスプレー
04蝉の抜け殻と向日葵の種
05隣り合って眺める打ち上げ花火
06懐かしい昔話と終わらない怪談
07強気の中の弱音を見抜いて
08伸るか反るかの一発芸
09引き出しの中にしまった思い出
10微風にそろそろ秋の気配


×補足×
縦読みなので並び替えはせずそのままご使用下さい。

お題リンク2007夏の企画に参加お題。


[戻る]




逃避行する10の心情

01正解なんて分からない。それでも一緒が良かった。
02愛が罪かなんて、本当は誰にも決められない。
03苦しいのが二人だからだとしても、一人の方がもっと辛い。
04捨てたくない、それでも選ばないとならない。
05嘘をついてまで守り通す意味がこの肉体にありますか?
06揺らぐ思い。大切なものは本来、比べられないから。
07言葉にすれば想いは四散するかもしれない。それだけは避けたかった。
08誓って欲しい。離れても忘れても切れない絆があるのだと。
09貴方が望むのならば、共に。最期まで。
10この願いは、二人が走り出した時には既に終わっている。


×補足×
文の差し替え
「嘘をついてまで」を「傷ついてまで」に差し替えOK。
二人称の変更はご自由にどうぞ。口調語尾変更もOK。

「貴方」→「お前」「君」など

使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




10の変わった存在【ファンタジー編】

01月に恋した狼男
02血の吸えない吸血鬼
03人を恐れる鬼
04色恋に鈍感な夢魔
05大人と話したい座敷童
06善行しかしない悪魔
07忘れられた天使
08必要とされたい妖精
09心を望むブリキの人形
10見つめられたい透明人間


×補足×
使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




とある二人の一連の流れ[10のお題]

01他人行儀に吐き出す告白
02震える肩と怯えた瞳
03囁く嘘に見えない真心
04思わず掴んだ服の裾
05一方的な決め付けで罵倒
06忘れさせない約束の仕方
07終わらない悪意に翻弄される心
08聞かれぬ疑問に無言で返答
09どこか甘さを含んだ叱責
10焼き切れるような激情


×補足×
使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




私が告げる10の言葉

01昨日の夜の夢を現実にして
02負けるはずがない、勝つはずもない
03知らない貴方の横顔はいらない
04私が認めないから裏切りなんて存在しない
05気になるのなら追いかけて
06私の怯えを貴方は理解出来ない
07愛したいなら求めて平気
08大丈夫ごめんなさい怖いだけなら生きていける
09手紙は心で書いても意味がない
10私は貴方が欲しかった


×補足×
文の一部改変
人称口調変更はご自由にどうぞ。
例「私」→「俺」、「貴方」→「お前」
「昨日の夜の夢を現実にして」→「昨日の夜の夢を現実にしろ」

使いやすいよう並び替えて下さい。


[戻る]




いつか夢見た夏の日に[10のお題]

01いくつかの言葉を目印に残そう
02つまらない話でしかない、たった一人にとっての真実
03かすんで見える遠い笑顔
04夢がこんなに簡単に叶うのなら、今までの痛みの意味はどこ
05見下されたら終わりだと、檻に自分を閉じ込めた
06ただ、どうしようもなく失うのは恐ろしかった
07夏の太陽は明るすぎて強すぎて、全てに平等で
08のらりくらりと誤魔化して、逃げ出して
09日々は通り過ぎるものではないと知りながら
10にぶいと受けた罵りの優しさに気付いた今更


×補足×
縦読みなので並び替えはせずそのままご使用下さい。


[戻る]







†検索で来た方へ(フレーム出現)†