×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


お題配布サイト /コ・コ・コ/



もくじ
[TOPへ]


1201〜1210
1211〜1220
1221〜1230
1231〜1240
1241〜1250
1251〜1260
1261〜1270
1271〜1280
1281〜1290
1291〜1300


1201〜1210

満ち足りているということは何もないのと同じだった

もう終わりなのに、まだ終われない

その笑顔が消えてなくなる、その日まで

僕は問いかけ続ける。君に世界に

積み重なるならそれでいい

何にもならずに消えるよりはまし

吐き出したい言葉が溜まっていく

赤い斑点、点々と斑模様の恋心

限りなく零に近い一

精一杯の強がりのつもり


[上へ]



1211〜1220

大切なものは口に出せば砕け散る他にない

怯えているんだ。貴方にじゃない。貴方を壊す自分自身に、だ。

愛することが守ることと同義でも言葉で形に出来なくて

大切なのは誰かじゃない。貴方なんだ。

それが貴方だというだけで、特別な意味を孕む

愛しいは苦しいに似ている。胸が詰まるこの感触。切なくて泣けてくる。

いくつでも僕の君の気持ちをかき集めて抱こう

終わりなど求めず、知らず、考えず、愛を嘯いた

本当も嘘もないのなら、信じるものもないのだろうか?

届かない祈りは誰のための願いだろうか


[上へ]



1221〜1230

君のことが大切だから、けして「好き」とは言わないよ

霞に消えた思い出も君の中にはまだ在るのだろう

怖かったのは、君以外の全ての感情

お願いだから、僕を殺さないで下さい。まだ、心は大切なのです。

幸せは歩いてこないと知りながら、それでも待っているしか出来ない。

待ち続ける無為を愚行と思えないから

夢想が無駄ではないのなら、それだけで良いと思えた

朝に産まれ、昼を生き、夜には静かに消えて行く

逃がさない逃がさない。まとめて全て俺のもの。

いつか僕は君の名前を忘れてしまう



[上へ]



1231〜1240

逃げ場が見当たらなくとも、必死な逃走は変わらない

いたずらを興じるのは子供だけとは限らない

基本的にお前、人を信じてないじゃないか。

愛を囁くその口は痛みだって紡げた

叩き付けられもがれ砕かれ。それでもどうにか信じて

僕らは枯渇したリアルの代わりを求めているのだ

愛しさの代わりに散りばめた罵り文句

君が欲しがる悔恨を僕はあげられない

きっと強くなるから、嫌いにならないで。

さぁ、世界を統べようじゃないか


[上へ]



1241〜1250

意味を定めるのは私

揺れる思い出、泡沫の記憶

抉って欠けた私達の心

失い求めた日々の果て

等身大の僕達?

記号になれない不安定な個

ハリボテが消えた中に残ったのは本物か否か

死にたいと願いながら君と歩んで生きたいとも思う

君がくれた言葉でもっと何処か遠くへ

鳥が唄う日、私は死ぬの


1251〜1260

灰色雨の日、暮れない日

「助けて」と嘆く言葉も上の空

闇色鴉と孤高の王様

自分の中の確信が揺れ動く瞬間

その場しのぎの嘘。心はどこへ行く

意味なんてないよ。愛なんてないよ。

僕の優しさは君を傷つけるだけだった

漂うのなら、世界を越えるクラゲになりたい

諦めないで永遠は遠いのだから

例えば私と貴方が山と海であったなら


[上へ]



1261〜1270

テディベア、ネコ、キツネ。その関連性は?

そうして、黒は黒のままに黒を選ぶ

大勢の人間が君の幸せだけを願った

王とは民にためにあるのではない

やっていけるか、いつだって不安で

経験は役に立つのか立たないのか

砂糖菓子でも甘くない

雨の気配で眠りにつくの

忘れながらも触れたくて

君を作り続ける


[上へ]



1271〜1280

残酷なままに私は今を生きるしかなくて

通り過ぎずに抱きしめることが出来たなら

忘れていい事なんて、この世界にいくつもない

君の中の世界の終わり

翼を捨てないことを選びます

小賢しくしか生きれなくて

心を壊すのはいつだって温もり

憎悪を抑える必要がありますか?

思い出は感傷の呼び水

愛しいなと今、気付く


[上へ]



1281〜1290

伝わらない言葉は独り言にもならない

花は枯れるために優雅に咲き誇る

檻の中で佇む想い

雨粒が覆い隠した言葉と感情

どこかで一人を期待して、いつでも独りを嘆くのだ

降り続ける呪いと幸福の祝詞

怖いのは愛と言う名の容認の感情

盲目的な愛情はただ狂信の証

それを欺瞞と呼ぼうとも、俺はお前を必要としている

継ぎ接ぎの思い出にそれでも縋るように


[上へ]



1291〜1300

温かな光と共に

繰り返される闘争の日々

僕の世界で君は絶対的なものだ

僕の願いを聞く時やっと君の望みが分かるんだ

本当に自分は今を生きているのだろうか?

それを確認する手立てもないのに

嗚呼、君がその泡沫を愛せるのなら

君が終わりを嘯くならば、僕は全てを覆い隠そう

貴方が愛してくれたから、生まれることが出来ました

死にそうなほどに狂おしく愛しい


[上へ]





†検索で来た方へ(フレーム出現)†