×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


お題配布サイト /コ・コ・コ/



もくじ
[TOPへ]


1301〜1310
1311〜1320
1321〜1330
1331〜1340
1341〜1350
1351〜1360
1361〜1370
1371〜1380
1381〜1390
1391〜1400


1301〜1310

箱庭風景

効果のほどは不明の薬

ワガママな日常が愛しいね

他人なのに大事です

信じて生きたいの

その古い都は泡になって消えた

明くる日、世界は終わります

極楽に昇れもしない私のため

地獄に墜ちれない君に捧げる

この星は君の心で出来ている


[上へ]



1311〜1320

僕は何度も問いかける。「君に僕は必要ですか?」と

彼女の愚挙は年を重ねるという自然を放棄したこと

鎖に繋がれた姫は王子を求めるか?

囁く睦言は君への言葉

少女のきらめきは一瞬だ

目を開いて見た現実と

私が私に最期に出来ること

脈々と受け継がれる記憶の痛み

後は、もう死を待つばかりだ

瓦解する世界に二人


[上へ]



1321〜1330

疲れた笑みは少々辛い

大切に大事に抱きしめて行こう

知っていることは君の言葉

欲しい帽子は人の頭上に

この世の終わりを嘯こう

君の愛を忘れるまで

優しさの刃を一身に受ける

君の翼を潰します

手癖の悪さは隠せない

あなたの都合で考えないで


[上へ]



1331〜1340

ただ、その旋律に私は心を忘れたのです

あまりにも幸せなので、明日にでも逝こうと思います

君が消えてしまう日は僕が居なくなるのです

怯えないで、無くさないで。生きていて

心地よい快楽にほどよく人は堕落する

私が何処にもいないのです。誰か私を返して下さい。

僕たちは無菌室の雛も同じ

暗く沈む気持ちを止められなくて

逃げたいとどうして思ったのだろう

私は刹那の温もりにしか縋れない


[上へ]



1341〜1350

それは閉じられて、それは歪んでいる

俺にはどうしてもお前が必要なんだ。

私はただ奪われるだけで

鳥は飛び立つ姿を見せなかった

君は永遠の環の中にいる

廃棄された真心

君を待っていれば良かった

嘘を重ねて落ちて行くの

思い出を過去の出来事と割り切れたのなら

一人だね。あるいは二人だったかもしれない。


[上へ]



1351〜1360

悲しいばかりが世界じゃない

均一に平等の愛

夕暮れは切ないばかり

声にならない想いでも

お気に入りの帽子が食べられました

水面を転がる一雫の想い

価値は一つとは限らない

肯定と否定を繰り返しながらも

想像力を働かせよう。誰も誰かにはなれないのだから。

君の言葉は僕には足りない


[上へ]



1361〜1370

あの果実は美味しく無いと高嶺の花には手を出さない

蟻も頑張っただろうけれど、螽斯だって生きている

難しいことだけをし続けようか

知らない。そんなの知らない!!

それでも生きたいと行きたいと……

空ろな世界は幸せですか?

「仕様です」って、そんなワケがない

大変だー。悲しいなー。未練たらたら。

輝きをもう一度。栄光を三度!

言葉遊びの正統性


[上へ]



1371〜1380

罪深き恋

ふとした逃避

愛と嘯く想いとか

狭い心と世界に泣いた

求めるように手を空へ

懺悔は嘆きで後悔さ

死を思うのが偽りでも

全てをあまりに見失っていた

邪魔だと言われなくても伝わるさ

何もならない痛みでも


[上へ]



1381〜1390

例えば、漂う木葉の中に君の姿を見つけたのなら

例えば、転がる小石の中に君の姿を見つけたのなら

あぁ、この想いがいつか消えるのだとしても

溜まり落ちる一雫の気持ち

世界はあまりに真っ白すぎた

無意味な虚偽を私は嫌う

物は言いよう、笑いよう

絡まり合い、捻れて行く

泣くな、叫ぶな、挫けるな

死の国とはいわゆる極楽だろう?


[上へ]



1391〜1400

愚かと罵られようとも変わらないものがある

突きつけられる刃をぬくもりと思えたのなら

たくさん、大切なモノはあったのに

苦しみ。私を苛む全て。

壁。君にとっても誰にとっても。

空気のような生き様

寝息の温かさ

残酷な決意と残念な結末

助けを呼んでも責めないで

あまりに並び立てた言葉は陳腐で


[上へ]





†検索で来た方へ(フレーム出現)†