×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


お題配布サイト /コ・コ・コ/



もくじ
[TOPへ]


1401〜1410
1411〜1420
1421〜1430
1431〜1440
1441〜1450
1451〜1460
1461〜1470
1471〜1480
1481〜1490
1491〜1500


1401〜1410

舞い散る白い花。染まり行くは緋色。

蹂躙。魂の略奪行為。

幻想を奏でる指先を侵す

完全な虚無に一人

出口のない迷路に囚われる

絶望的な価値観の差異

心を踏み砕くのはいつだって

貴方のことを思うと泣きそうになる

恐れていたのは自分の矮小さ

好きと嫌いの両極端に同時に存在する貴方


[上へ]



1411〜1420

私がいらないのならば、もっと先に言ってください。

離れて行く気持ちが止められない。別れは確定なのですね。

少女の痛みは失い続ける若さという名の栄光

私は泣きながら願う「もっと幸福を」と世界に祈る

眠りから目覚めることが出来ません

積み上げた成功は一瞬で終わる

三日と続かぬ天下に何を求める?

解放の心地はこんなもの

君に首輪をつけましょう

とりあえずこれを舐めてみて


[上へ]



1421〜1430

答えは出ないんだ。出せないんだ。

僕はそれでも君の傍に居続けることを選びたいんだ

そんな交換条件は受け入れられない

祝いの言葉を贈ろう。いつか呪いに変わっても

私達にとって永遠は虚無の幻でしかない

恐ろしくてたまらない、他人の言葉

痛かった、抉られた、死にたくない

幸せよりも確かなものを私は求め続ける

辛いけど、だからって泣けるはずもなくて

永遠なんてあまりにも信頼に値しない


[上へ]



1431〜1440

安心も安定も安全もここからは遠い

その一欠片の真実で、君の心を満たせるというのなら

星に手を伸ばすように欲しいものを欲しいと言った

愚かと言われたとしても私は何一つ変わらない

限界に挑む。神に喧嘩を売るように

引きちぎるように舐るように暴力的に愛を渡す

君が傍にいてくれるなら、なんだって僕は構わないんだ

本当に言いたい言葉は恨み言ではない

きっと、恋にはならずに消えてく

抽象的で完全な言葉を


[上へ]



1441〜1450

優しさは伝わらないなら、無いのと同じ

誰一人居ない、君が望み続けた楽園

罪人達は優雅に踊る

残酷な優しさを振りかざす

透明な言葉で覆ってしまえ

君の傍に永遠があるのならば

呪詛のような日々すら宝物

優雅に優美な愛し方

泡沫の想いを貴方に

君を苛み続ける愛情


[上へ]



1451〜1460

人間は所詮、自分の尺度でしか物事を計れない

どうして、こんなに愛しているのが分からない?

小さな幸せ積み重ね生きる私

君に何が出来る?何でも与えたいと思ってるのに……。

出会いをなかったことにしたいと私は望む

愛していると伝えたかった。目を閉じる貴方に。

捨てながらも「守りたい」と言い続けて

泣き続ける日々が今日終わる

描いた心の在りようを否定させはしない

何がわかるんだ!一体全体何が!!


[上へ]



1461〜1470

容易く死を口にするのは、生を軽くしたいから

君を思う時のこの切なさを僕は言葉にすることが出来ない

なぜ人は間違ってしまうのだろう。いつだって正しくありたいのに。

この世界には君が欲しいものが、ほんの一欠片も存在しないのだろう

ねぇ。本当に欲しかったものは何?手に入らないの?求めないの?

君が縋り付き、泣き叫び、何処にも行かないと言うのなら

君のことがあまりにも嫌いで、愛しているとすら囁ける

流れる時間で解決する程、君も僕も単純にはなれない

何もかもが思い通りになるのなら、何一つ楽しみもない

苦痛の刺激を与えるのが貴方なら、全てを許してしまうのだろう


[上へ]



1471〜1480

誰かと誰かの違いを言うのは簡単だ。自分と相手の差異は答え難い。

心情が言葉という器からあふれ出て、周囲を汚す

認識が戻ってくる、現実が還元される

別に誰かに理解を望んだわけじゃない

積み上げるほどに伝わりにくくなる

言葉の無力さを何よりも知っているのが俺だろう

手を伸ばせば、本当は届いたのかも知れない

溺れた魚は空へと帰った

願いは口にした瞬間に従属の戒めになる

僕がいなくなっても平気だと貴方は笑うから、たまらなく息苦しい


[上へ]



1481〜1490

言葉が届かないことの悲しみを知って

全てはあまりにも心許ない

意識の空白に捩じりこむ

それは最上の可能性

木漏れ日の奥の思い出

凛と響く君の声

磨いても輝かぬ石はどうします?

虚偽でも何でも愛してくれと

あなたが居るから、ここに居るから

繋がり交わり崩れていく


[上へ]



1491〜1500

欠けた抉られた屠られた

残酷な歌でさえ、僕を救えはしなかった

悲しいのはきっと何一つ貴方が気付いていないこと

逃げ出せない。だから足掻くしかないんだ。

幸せって遠くて近いところにあるよね

悪意に満ちた世界ですら、貴方は美しいというのだろうか

神様との約束。誓いの口付けは未だない。

願おうか、幸せとかを

脆く儚い現実こそが愛であるなら

私は世界を正しく見れない


[上へ]





†検索で来た方へ(フレーム出現)†