×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


お題配布サイト /コ・コ・コ/



もくじ
[TOPへ]


501〜510
511〜520
521〜530
531〜540
541〜550
551〜560
561〜570
571〜580
581〜590
591〜600


501〜510

痛みは形を変えて襲い掛かってくる

愛されることがないと知りながら、それでも求めるしかなくて

貴方を殺すために生きても良いですよ。

たとえば、世界を超えることが貴方に望まれているのなら

君が死を望むなら、僕はどんな事をしてでも応えよう。

そして、世界を。

彼は私の身代わり人形

生きるも死ぬも貴方次第

夢が現実を浸食する

ハリボテの愛情


[上へ]



511〜520

愛を裏切れますか

言うことを聞けますか

飢えに耐えられますか

絵を心に描けますか

侵されない聖域はありますか

掻き乱されて空ろに笑う

効く薬はありえない

絎ける行為は世界のために

小雨は痛みをすり潰す

指し示されるは、名もなき墓標


[上へ]



521〜530

裾を掴めるはずもない

誰かのために何かを犠牲に出来ますか

関係ないと言う俺に、関係したいと返すお前

綴られた詩はいつかの誰かのためのもの

死すら詩には生温い

具現したるは、彼の存在

毛色の違い、ゆえの傷

君のために唄い続けた、遥かの調べ

己の闇に沈むのは、影に喰われる心地なり

雨音が神経を掻き乱す


[上へ]



531〜540

あの日々への逃避

酒の誘いはあくまでスマートに

私的な指摘はいつまでに?

個室孤独乖離

愛はどこから来ますか。

一人が好きです。ごめんなさい。

いつか消えていくのだろうか、心も想いも、痛みすら

飛ぶことを考えないなら、翼なんか必要ない。

君の言葉を慈しめなくなったら、もう終わりだ。

その時、意識を手放せたのなら


[上へ]



541〜550

そしてあの日、僕は全てを失った

痛みは恐怖で嫌なんだ

この損失感は埋められない

どこまで行っても平行線

いつか報えるのならば

触れた手のひらを忘れないで

どうして愛を語るの?

いろんなものを僕らは踏み台にして生きている

君が望んでいた願い、僕が手に入れたかった現実

どれもこれも細い糸。僕を助けるには至らない。


[上へ]



551〜560

処女の誘惑、聖母の祈り

悲しみを覚えていて

思考の停滞は愚かしい

痛みが心に追いつかない

思い出は持続されるが、記録は継続されづらい

そして、いつになれば終末がやって来るのだろうか

激情や渇望を乗り越えた先、もっとも純粋な欲求

全てを人に預けるならば自分は存在しなくていいだろう。

泡沫へと消える夢想

僕はいつか全てを越えていく。とんだ夢物語。


[上へ]



561〜570

心が迷子になってしまう日

幾度の別離を越えて尚

解けあう吐息、至福の鼓動

もう、生きながら死ぬのは真っ平

奪わないで。奪わないで。お願いだから返してよ。

そして、いつになれば平和が訪れるのだろうか

戸惑いを隠せぬ姿を抱きしめたい

そして、あの日の僕らは消えた

君が君だと思わなければ、君はどこにもいないんだ。

大切なものが分かっているなら、後は離さなければいいだけだ。


[上へ]



571〜580

私は驕れる裁判官

罰則規定は任意変更

恐怖は繋がり続けていく

そして、過ぎ去りぬ日々に

君が目標に走って行っても、僕を置いて行かないで

私が望みを叶えるために犠牲となってください。

別れを越えれば再会は明日

そして、いつかの幸せに

創作玩具

黒か白か……それが、問題だ


[上へ]



581〜590

真実を語る唇は持たない。偽りは語りたくもない。結局は、何も語れない

あの星が滅びてなくなっていたとして、僕らの生き方は変わらない。

貴方の選んだ選択はいつかのためだけのもの。

深く何かを味わうには、痛みという名のスパイスが最適

虚構に舞え

現に踊れ

世界に恵み

月の裏側、君の素顔

昨夜見た夢は永劫にすら届かない

白は染め上げ黒は漂白


[上へ]



591〜600

眠りは浅く、まどろみよりは深い

そして、いつかは愛も終わるのだろう

等価に交換と言ったところで、君と同等なものなど存在しない

君に私のなにが分かるというのだね?

そして、世界は少しずつ色を変えた

誰のせいでもないのなら、リンゴが変色するのは何故だ

消えた封筒の中身

密室トリック大絶賛

電波受信中につき全ての行動はキャンセル

シャワー室!撲殺大事件


[上へ]





†検索で来た方へ(フレーム出現)†