×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


お題配布サイト /コ・コ・コ/



もくじ
[TOPへ]


601〜610
611〜620
621〜630
631〜640
641〜650
651〜660
661〜670
671〜680
681〜690
691〜700


601〜610

私はなんのために此処にいる?

たとえ一緒にいられなくても、幸せを願いたいんだ。

施されたある仕掛け

蝋燭の日はいずれ消える

廃墟で鳥と共に

あの日、見つけてしまったんだ

覚醒を祈るは目覚めぬ神に

どうして、どうして……こんなことになってしまったんだろう?

紫色の空

私は、天使だと思う。


[上へ]



611〜620

約束された、いつかの再会

心の扉を蹴破って、君に会いにいく

深い海で目覚めを待ちわびて

裏切りを悪しきものと断じるならば、君は裏切らないんだろうね?

痛みを分かち合うよりも、楽しみを共にしたい

堕ちて行く翼、舞い散る羽根

悲しみの檻の中で

静かに芽吹くのを待っている

手元に残った思い出を、君はどうやって処理する?

こぼれ落ちるは砂粒じゃなくて


[上へ]



621〜630

潔癖に清潔なブラウス

汚れた靴で踏み躙れ

枝葉末節でしかなく

さりとて、大した問題でもなく

閉ざし捨てた温もりを

この命尽きても尚……

魂を分け合う

落鳥、そんなことを許すのか。

名誉返上、汚名挽回、誤用どころか正しく真

静と動を繰り返して生きる僕ら


[上へ]



631〜640

鋭利な刃ほど、すぐ折れる

最愛の誰かを殺す言葉

君だけが見える

幸せは語れば朽ちるものだから

許せない絵本の話

世界がブレる

記憶は崩れていく砂の城

無色透明、掴めもしない

神に誓おう、静かな終わり

星々の見ている夢


[上へ]



641〜650

いつでもどこでも一緒なら、何にもなれはしないのだ

雨上がりの森の中

金の砂丘に埋められて

花が散り行くのを間近で見ていた

崩壊のタブラ・ラサ

朝と夜とを分ける者

微かなイメージでモンタージュ

相反する色が交差して

折れた刃と錆びた鉄

ワンコインで愛を買う


[上へ]



651〜660

何よりも愛しい者の定義づけ

猫の謎。果たして、いるのかいないのか。

終わりとしての詩

消えない始まり

その繭は、居心地が良いですか?

貴方の声に心は壊れて

歪な関係、いずれは終わる

自己の決定権は奪われて

それでもまだ一人を求めるというのなら

記憶の水底を覗きこむ


[上へ]



661〜670

何故、幸せを語る!

黄昏に崩壊

翼を持つ者、焦がれるは海

我が家のプラネタリウム

砂上の楼閣を永遠に

繰り返す疑問。私は誰?

ただ、導かれるままに

貴方は果たして愚者になりえますか?

深き深淵たる緑よりの使者

罪人よ、恐れるなかれ


[上へ]



671〜680

残像は無為への誘い

耳に残るあのメロディー

なんで、泣くの。どうして愛すの。

終わって、転がり落ちていく。

見直して、掴み上げ。堕落する?

本当のものなんて何処にある?

楽園を壊すは、天使の堕落

澱むことなく流れる世界

平和を望むは、一体誰だ

命題の話


[上へ]



681〜690

君の永遠を叶えるならそれに越したことはない

愛を愚かと笑うのならば、いつか報いを受けるのだ

君は選ぶんだ。全てを捨てずに済む方法を。

たとえばこういう精神論

伝説に終止符を

寒さと飢えには耐えられない

泣いてるの。痛くて、寂しくて触れられない。

我らは望まれたのだ

在りし日の面影に、未だ縋って

破滅への誘い


[上へ]



691〜700

怖いの?嫌なの?……ごめんなんだね。

私の方がカワイソウ

愛なんて語るべくもない

歩めぬ足に用はない

だから、言っているでしょう。

イザナワレルということ

冷えは万病のモト

女性の囀り、魅惑の呼び声

大爆発はお約束

君と僕とで終末を


[上へ]





†検索で来た方へ(フレーム出現)†