×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


お題配布サイト /コ・コ・コ/



もくじ
[TOPへ]


1701〜1710
1711〜1720
1721〜1730
1731〜1740
1741〜1750
1751〜1760
1761〜1770
1771〜1780
1781〜1790
1791〜1800


1701〜1710

無限の可能性の悲しさ

血は時を待たずに滴り落ちる

僕らは死に憧れ焦がれ

悦楽を望まず誓いを得る

突発敵意の始まり

突発的な終わり

沈鬱な珍事に泣く

君の舟が泥舟でも

無関心という名の暴力

人魚は幻想の中でこそ美しい


[上へ]



1711〜1720

富や名誉よりも素直な心を今すぐくれ!

安らかなる眠りは死ではない

明日を迎えるために今できること

恋と呼んであたためた想いは憎しみにとって代わった

貴方が忘れたあたたかさの中に私がいる

見返りを求める想いを薄汚いと思いますか?

彼はただ火の粉を払えないために落ちていく

快楽でも苦痛でも歪む顔を見せて見ろ

「大切だ」というその口で、貴方はオレを殺すんだ。

嘘が必要ですか?真実を忘れないために。


[上へ]



1721〜1730

直接的なことは何一つ無かったけれど

笑いたければ全てを終わらせろ

たった一つの正義のために

お腹いっぱい。幸せ満杯。

主要キャラの不在理由

女王の生活は甘く淡い

ブレ続ける自己

貴方にとって愛の別名、憎悪の真実

英雄の専属脚本家

奈落へと至る道程


[上へ]



1731〜1740

恐れているのは死ではなく他者との断絶

あなたが私のために思って口にしたいくつか罵倒

夢の中ですら眠れない貴方へ

風の中で響く金の音、別れの合図

歪んだオルゴールが奏でる不協和音

腐りゆく罪の果実をどうするの?

たしかに、繋がっていたのに……

これは戦争。静かで苛烈な二人だけの戦争。

楽しそうに幸せそうに心を壊すお前が憎い

歪む口元に気付かない、あなたはきっと


[上へ]



1741〜1750

終わらぬ透明感

深い溜め息ともつかぬ、この目に映る世界

記憶の中で、一人遊び

言葉があふれ出して止まらない

だから、私は綴るしかない

彼女を壊した彼と彼を腐らせた誰か

愛の形をした刃は折れずに錆びつく

理由を問いただした瞬間に彼は笑うのを止めた

その想いは誰のためにあったのだろうか

欲しいのです。あなたの全てが、欲しいのです。


[上へ]



1751〜1760

涙に溺れて死んでもいい

君の声が今も痛いぐらいに響いている

恋なんてものに私の全てを賭けられません

怖がりの僕を見捨てないで

真綿ではなくリボンで首絞め

君の言葉が永遠になるまで

それでも、君のために生きたいと望むから

最悪の心であなたと向き合いたくはない

自分のためにお前の愛を貪り喰らう

月の揺り籠にまどろみながら


[上へ]



1761〜1770

なんで生きてるんだろうって、頭の中でハウリング

私が大切にする貴方をどうか貴方も大切にして下さい。

力を持たない僕は、君に触れる資格がなくなった

踊り続ける僕は此処。回り続けた君は何処。

怖いのは言わなくても誰かに伝わるの

千切れず切れない鋼鉄の絆

必要なのだ。終わらない夢が。

綺麗なもの正しいもの強いもの。折れない絶対の指針

幻想を元凶と何度か区別という名の断罪を

ある晴れた日に私の命は凍えてしまった


[上へ]



1771〜1780

この忘却を置き去りだと思うのなら

そう言う人種もいるのだと理解して下さい

澄んだ空気を覚えている?眩しい光がそこにはあった

憎しみと苦しみ、歪んだ愛情。どれがマシ?

燻る衝動を恋と名付けたこの時に、失うことは決まってた

震えたのは恐怖でも寒さでもなく、歓喜から

あなたが愛を語るために必要なもの

笑い声が耳について離れない

私は待っていた。ずっと待っていた。行ったのは、ただそれだけだった。

自分の殻が無くなったのなら、そこにひ弱な私が残るの


[上へ]



1781〜1790

誰もが死ぬのだ!お前も私も、あなた方も。

貴方の心に届く言葉が紡げるのなら

期待させては裏切り、踏みにじり

君が認めてくれることが僕の何よりの幸せ

ぐだぐだとした思考回路の結論

暗い部屋で閉じこもってもう一度自分に欺瞞を被せたい

生暖かい熱を感じることの不快感

ただ臆病になっていくのだ。呆れるほどに弱いのだ。

しがらみが増えていくのが生きるということ?

言葉にもならない放り出された嘆き


[上へ]



1791〜1800

痛いね。辛いね。生きているね。

優しさは毒だ。私を優しく溶かすのだ。

泣いて叫んで終わりにしよう

誰にも赦されない罪ならば裁くことも出来ないのなら

助けて欲しいのだろうか?勝手な考えで。

一人だけでは生きていけない

君が君を忘れても、僕は君を忘れない

恋だとか愛だとか区分せず、大切なんだとただ言おう

君と過ごした幸せをいつかの日にか返せるなら

僕の中の君が言う愛の言葉


[上へ]

†検索で来た方へ(フレーム出現)†