×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


お題配布サイト /コ・コ・コ/



もくじ
[TOPへ]


901〜910
911〜920
921〜930
931〜940
941〜950
951〜960
961〜970
971〜980
981〜990
991〜1000


901〜910

降り注ぐ雨粒は死の香りがして

抱きたい想いは消えてない

忘却も損失も別に望んじゃいないんだ

繋がって溶け合わないのなら、断絶しかない

溺れることも藁を掴むこともあまりに容易い。転ばないことは難しい。

心の底に眠ったままの思い出をそのままに出来ないのなら

痛みを覚えていよう。そうすればもう繰り返さない。

擦れ違い、勘違い、傷つけ合い、気付かない

命を、心を、引き換えにする価値がありますか

刹那の平穏を取り戻せるのなら、なんだって耐えられた


[上へ]



910〜920

褪せぬ想いがここにはある

君がそばに居なくても僕は生きて行けるさ

怖いと縋りもできず、日々は暗闇

頭が悪いといずれ殺人が起こる

出来損ないの神様は、今日も元気だ。

隔たりが、二人の間には埋められない溝しかない

全て、忘れられるなら。……そんな世界を私は望む。

止まり木から落ちたのではなく、止まり木を捨てたのだ。

僕は君を許す。全てが君を責めたとしても。僕は味方で居続ける。

君は永遠というものをどういう風に考える?……あぁ、それは甘美な毒さ。


[上へ]



921〜930

暗黙の了解というものを理解できないのですか?

君に大切なものが出来たら、必ず壊しに会いに行くよ。

見つけるとはそういうことなんだ

冷涼に舌を這わせ、憐憫を絆で埋めろ

君が僕を必要としてくれるなら、僕は君の世界を守る

波立つ心を忘れたかった

幾度となく私の心は抹殺される

ただの許容を私は優しさとは呼ばない

打算に満ちたその心すら美しい

人は所詮、それで満足するしかない


[上へ]



931〜940

私を殺さないで下さい。私は一人しかいないのです。

貴方の人間性には興味はありません。ただ、そこに居てくれればいいのです。

神経質な潔癖症と清濁併せ呑む人間が対立するのは自然の公式

結局、君の全てを僕は受け止められないんだ

涙は失われません。心に泉があるのです。

掲示される命題を君が飲み下すことが出来たなら

君のことが死ぬほど好きだ。死ぬより好きだ。

後悔はいつも訪れる。それは、学ばぬということなのか。

どうしようもなく、愛しいものを前にどうしようもなくなってしまうのは、本当にどうしようもない

言葉が伝わらないのは悲しい。だが、伝わればいいというものでもない。


[上へ]



941〜950

理解していると思っていたことは、砂粒一つにも満たず

机上の空論にするか否かは自分次第

涙は欲しくはないと言うのに

心のままにあるのが本当に楽ですか?

痛みがあまりに強過ぎて、他が認識出来ません

伝わらない言葉はあまりにも無様だ

糖衣がけた優しい言葉を下さい

泣くことを少しの間だけ許してください

先人を大切に出来ないのなら、どうしようもない

愛なんていらないから君の温もりをくれ


[上へ]



951〜960

終わりがないなら始まりですか?違う違う。今はただの途中の道中。

君のために全てを捧げる、そんなこと僕にしか出来ないんだ。

私がワタシを殺すのが私はどうしても許せない

君が君として生きるのなら、私は何も言いはしないよ。

あの美しい調べに全ては破壊される。

何が残酷ですか?貴方が優しいことですか?

君を愛しいと思うことが君を憎いと思うことと同列であったから。

鈍い痛みを抱えて僕らは生き続ける

時計がおかしいと生きている気がしない

いつかこの想いは届きますか?報われますか?


[上へ]



961〜970

バターの如くの溶けやすい愛情だとか

破棄され続けた思い出を紡ごう

いつまで待っても戻らないものもある

痛みを貴方のために懐いたのでは無いのです

忘れてても覚えてる。それって、とってもスゴイこと。

愚かを愚かとだけ断じるならば、なんて世界は遠いのだろう

強烈な主観では物事が歪んでいるし、圧倒的な客観は誰とも共有できない

死を願いはしません。生を望みはしません。運命に流されたいのです。

苦手なのは過去ではなく、先にあるのに付きまとう未来

損失の痛みを覚えているのなら、まだ、またやり直せるさ。


[上へ]



971〜980

死ぬほど淋しいので死んでしまおうかと思います

空気はあくまで清浄さ。一呼吸毎に心は澱んでいくけれど

歯車を回そう。世界と噛み合えない歯車を。

泣きそうな夜を越え、やがて消えゆく朝に出会う

喜びでしょうか?悲しみでしょうか?痛みだけなのでしょうか?

私に降り注ぐ言葉は全て鋭い刃でした

心の弱りを感じます。今にも死に絶えそうなのです

不安になるんだ。生きてることに対して。

終わりが見えた始まりを始める意味があるのだろうか

真実なんて現実に比べれば意味がない


[上へ]



981〜990

気付けない中の中。夢中の霧中。

ならば君の死で、君の生で感じさせて

寒いと嘆くたびに誰かのぬくもりは去った

思えば全ては一瞬のものでしかありませんでした

嘘と本当を重ねて透かして、心許ない自分を見つめて

同じぐらい人も自分も好きではないけど、憎めない

思い出を捨てることも抱きしめることも出来ないのなら

自分の殻が無くなったのなら、そこにひ弱な私が残るの

あぁ、けれど。いつかは気付いてしまうのだ。

取り戻せない過去と今しかない未来


[上へ]



991〜1000

崩れ落ちる砂の城が君だとしても

それは永久の夢ではなくただ一時の悪夢

心のままに生きた所で幸せだと笑えるの?

意味が僕らには解らない。そんなことが多すぎる。

きっと僕は君に何もあげることが出来ないんだ

単純に言おう。君が好きなんだ。確かな約束などなくても。

言葉は消費されるためにあるのではない。訴え掛けるためにある。

泣きたくて泣いている訳ではないし、泣きたくても泣けないこともある。

死にたくない。そんな当たり前のことすら言わないと伝わらない。

誰一人味方の居ない場所であっても、君が望み続けた世界ならいずれ楽園に変わるだろう


[上へ]





†検索で来た方へ(フレーム出現)†